任意整理のデメリット

任意整理は裁判所を通さないで、直接債権者と交渉をする手続きをいいます。

そのため債権者を選ぶことができ、住宅や車などの資産を手放すことがありません。

さらに家族や保証人などに迷惑をかけることがない債務整理です。

保証人をつけている借金であっても、保証人に支払いの義務は発生しません。

しかし、任意整理をする場合次のようなデメリットがあります。

一般的に任意整理は、利息のみが免除されることが多くあります。

ほかの債務整理と違って免除が少ないように思いますが、この利息だけでも大きな金額になることがあります。

そのため、返済能力さえあれば、あとは司法書士法人杉山事務所が債権者と交渉させていただきます。

もし返済能力がない場合でもご相談ください。

相談者一人ひとりにあった対応方法をご案内致します。

特に差し押さえが迫っていてお困りの方、債務整理の手続きをすることでまず差し押さえを止めることができる場合があります。

また債権者からの連絡を止めることができるので、まずはご相談ください。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

任意整理の特徴

任意整理は債権者と債務者が、裁判所を通さないで借金の返済について交渉をする手続きのことをいいます。

任意整理は元本に関してはそのままで、将来利息の減額について交渉することが一般的です。

そのため自己破産や個人再生と比べて借金を大幅に減らすことはできませんが、利息は高額になることがあり、負担を減らすことはできます。

直接債権者と取引をすることにより、住宅や車などの資産に影響はなく、さらに保証人や家族に迷惑がかかることはありません。

任意整理の手続きをした時点で、債権者からの催促連絡を止めることができます。

司法書士や弁護士に依頼をすると、あとは交渉してくれるので手間がかかることはありません。

債権者が同意をしたら、返済を開始します。

任意整理の特徴

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

債務整理共通のデメリット

債務整理共通のデメリットとして、ブラックリストに記載されます。

クレジットカードやローンの申し込み、分割でのスマートフォンの申込など制限されることがあります。

しかし、任意整理は裁判所を通さないことから、住宅や車を失うことはなく、借金に保証人を設定している場合でも保証人に迷惑がかかることがありません。

そのため、任意整理はデメリットを最上限に抑えながら、進めていく債務整理となります。

他の債務整理では不可能なことでも、任意整理において可能なことはまだ他にもあります。

任意整理は一部の債権者と取引が可能です。

それは任意整理のみ、民法上では和解契約と設定されていることが理由です。

和解契約

(和解) 第六百九十五条 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。

(和解の効力) 第六百九十六条 当事者の一方が和解によって争いの目的である権利を有するものと認められ、又は相手方がこれを有しないものと認められた場合において、その当事者の一方が従来その権利を有していなかった旨の確証又は相手方がこれを有していた旨の確証が得られたときは、その権利は、和解によってその当事者の一方に移転し、又は消滅したものとする。

出典:明治二十九年法律第八十九号民法(e-GOV法令検索)

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

任意整理を利用する条件においてのデメリット

任意整理を進める場合、次のような条件においてのデメリットがあります。

返済能力が必要

任意整理は原則3年で返済をする目途を立てて、返済計画を作成します。

そのため3年で返済の目途がたたない場合は、任意整理をすることはできません。

毎月の収入額に対して、借金額が大きすぎると、返済能力がないとみなされます。

一概にはいえないのですが、目安として借金の総額が年収の1/3程度までです。

さらに安定した収入が必要になります。

司法書士や弁護士を依頼するのに費用がかかる

任意整理は個人でもおこなうことができますが、自分で金融業者と交渉をすることになります。

金融業者もできるだけ多くの返済をしてもらうため、簡単に応じるとは限りません。

そこで司法書士や弁護士に依頼することで、任意整理を認めてもらえる可能性があります。

しかし、司法書士や弁護士に依頼すると費用がかかります。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

任意整理の手続きにおいてのデメリット

任意整理を手続きするうえで、次のようなデメリットがあります。

必要書類が多い

任意整理は債務整理のなかで、もっとも手続きが少ないといわれます。

しかし、それでも次の書類が必要になります。

金融機関との契約書や利用明細、催促状があればスムーズに進められますが、もしなくても開示請求をできるので問題ありません。

貸金業者との交渉の前に、司法書士や弁護士が調査をすると過払い金が見つかることがあります。

個人で任意整理すると直接交渉をすることになる

個人でも任意整理をすることができます。

しかし、任意整理は債権者と債務者との交渉のみの手続きとなります。

そのため金融業者との取引が豊富な司法書士や、弁護士に依頼することをおすすめします。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

任意整理においてその他のデメリット

ほかにも任意整理には、次のようなデメリットがあります。

借金額を大きく減らすことはできない

任意整理は利息分だけをカットするのが一般的で、ほかの債務整理と比較をしても借金額を大きく減らすことはできません。

しかし、金利は決して安いわけではなく利息分だけでも減らすことにより、負担を大きく減らせる可能性があります。

債権者が同意しない場合がある

任意整理は債権者と直接交渉をする手法です。

そのため、債権者が任意整理に同意をしなければ、任意整理をおこなうことはできません。

成功率を上げるためには金融業者と交渉経験が豊富な司法書士に依頼をすることです。

司法書士杉山事務所はこれまで主に過払い金請求にて、金融業者との交渉実績が多数あります。

そこで金融機業者に納得してもらえるようなサポートをご提供致します。

任意整理後に延滞するリスク

任意整理でせっかく同意をしても予定どおりの返済ができないと催促を受けることになります。

合意した内容と延滞期間によって影響が異なり、それぞれ状況に応じた対処をする必要があります。

2ヶ月以内の延滞

和解契約書に記載されている返済日に返済をできないと、催促状が届くか催促の電話がきます。

例えば1ヶ月遅れの場合は、翌月に2ヶ月分支払いをすれば、基本的に問題ありません。

また、和解内容によって異なりますが、延滞した翌月と翌々月に、1.5ヶ月分ずつ返済をする場合もあったり、交渉次第では、翌月から予定どおりに支払って遅れている1ヶ月分を返済できるタイミングでまとめて支払うこともできる可能性もあります。。

司法書士法人杉山事務所では、このようなやりとりを金融業者とさせていただきます。

もし任意整理の返済が遅れてしまいお困りの場合は、まずご相談ください。

ご相談は全て無料でおこなっております。

放置していると状況が変わってしまうので、早めにご相談いただくことをおすすめします。

任意整理の手続きを司法書士や弁護士に依頼した場合で、司法書士や弁護士への支払いが延滞、滞納してしまうと司法書士や弁護士との契約が解除になる可能性があります。

司法書士や弁護士との契約解除になってしまうと、催促はすべて直接きますので支払いが遅れそうになった時点で、司法書士や弁護士に相談するようにしてください。

もし、司法書士や弁護士との契約解除になった場合でも、その理由が病気や解雇など特別な理由であれば、ほかの司法書士や弁護士に依頼できる可能性があります。

しかし、あまりに延滞が続き、今後も支払いが難しいということであれば任意整理よりも借金を減らせる個人再生か、借金の支払い義務をなくす自己破産をすることもご検討ください。

2ヶ月以上の延滞

2ヶ月延滞が続くと、残りの借り入れは一括請求されます。

もし病気や解雇などの特別な理由がある場合は、貸金業者と再和解ができることがあります。

しかし、一度返済を守っていないので、毎月の返済額が高くなったり、遅延損害金がカットできなかったり条件が変わる可能性が高くなります。

もしほかにも借金をしている業者がある場合は、借金をしている業者との間で任意整理をすることができます。

他の業者の借金を減らして返済期間を延ばすことにより、延滞している業者に対して先に支払いをできる場合があります。

さらに、他の業者との間で、過払い金が発覚すればその分で返済に充てることもできます。

いずれの場合においても、早めに司法書士や弁護士に相談することをおすすめします。

返済ができなくなった場合

あらゆる原因において、計画通りに返済ができないと判断した場合は早めに借金を大幅に減らす個人再生か、借金をなくす自己破産をおすすめします。

いずれの場合も早めに司法書士や弁護士に早めにご相談ください。

司法書士法人杉山事務所では、無料でご相談を承っています。

メールや電話、また事務所までお越しいただく方法の他に、無料で出張をおこないます。

ご相談者様一人ひとりの状況にあわせて、最適な方法をご提案致します。

一度任意整理をすると使えなくなる業者もある

一度任意整理をした貸金業者は、今後利用できなくなるケースが一般的です。

クレジットカードの場合、他の業者を任意整理してそのクレジットカードは自力で返済するようにすれば、クレジットカードを使い続けられる可能性もあります。

任意整理でも債務整理のためブラックリストにのりますが、ブラックリストの記載がおわったらまた利用できるようになります。

しかし、社内審査に任意整理をしたら半永久的に残る業者が多く、将来的に使いたいクレジットカードは任意整理しないことをおすすめします。

このように債権者を選べるのが、任意整理のメリットになります。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

他の債務整理と比較

債務整理には4つあり、任意整理を個人再生や自己破産と比較していきます。

任意整理は裁判所を通さず手続きがもっとも簡単で、財産や自宅に影響はありません。

しかし、借金を減らせる額は将来利息だけであることが多く、返済能力が足りない場合はより借金を減らせる個人再生、また借金をなくすことができる自己破産することをおすすめします。

司法書士法人杉山事務所では、依頼者一人ひとりの状況に合わせて的確な方法をご紹介します。

相談は無料なので、借金でお悩みの方はまずお問い合わせください。

個人再生と比較

任意整理 個人再生
条件 安定的な収入と返済意思 安定的な収入と返済意思
住宅ローン以外の借金総額が5,000万円以下
免除できる借金の額 将来利息のみ(利率が下がるだけの可能性もあり) 将来利息、最大元本の90%
財産への影響 影響なし 車のローンがある場合に注意
自宅への影響 影響なし 住宅ローン特則を使うことにより守れる
手続きの期間 3ヶ月~6ヶ月 約6ヶ月
返済期間 3年~5年 原則3年~5年要
ブラックリストに載る期間 完済後5年程度 10年程度

任意整理、個人再生のいずれも3年の間に、返済をしていく方法です。

任意整理は将来利息のカットのみで、個人再生のように大きく借金を減らすことはできません。

個人再生は将来利息以外にも、元本の最大90%と大幅に借金を減らすことができます。

また、個人再生はローンの支払いがない車、また住宅ローン特則が適用になる場合住宅のいずれも守ることができます。

自己破産と比較

任意整理 自己破産
条件 安定的な収入と返済意思 破産手続開始原因があり、破産障害事由がないこと
免除できる借金の額 将来利息のみ(利息率が下がるだけの可能性もあり) 全額免除(税金を除く)
財産への影響 影響なし 必要最低限の財産以外はなくなる
自宅への影響 影響なし 自宅はなくなる可能性が高い
手続きの期間 3ヶ月~6ヶ月 6ヶ月~1年
返済期間 3年~5年 返済不要
ブラックリストに載る期間 完済後5年程度 10年程度

任意整理は裁判所を通さず、直接債権者と返済に関して交渉をおこないます。

借金額を大きく減らすことはできないですが、将来利息をカットするのが一般的です。

また支払い期間を3年と長期の分割払いにすることにより、生活に支障のない程度で返済をしていきます。

対して自己破産は、借金を全額免除されますが必要最低限の財産以外は自宅を含めてなくなります。

借金の返済能力がない場合に、利用される債務整理の手法です。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

任意整理によくある質問

任意整理で債権者は納得してくれるのでしょうか?

支払い能力や支払い意志によっては、十分債権者は納得してくれます。

もし任意整理を断ると、債務者は個人再生や自己破産をおこなうことになり、債権者にとって受け取れる返済額が減ることになるためです。

また司法書士法人杉山事務所にご依頼いただけましたら、これまでの金融機関との交渉経験やノウハウを生かして、交渉させていただきます。

任意整理ができる条件かわからないのですか?

司法書士法人杉山事務所にご相談いただければ、相談者にとって最適な債務整理の方法をご紹介します。

また場合によっては、債務整理を利用しない方がいい場合、過払い金が見つかって借金を減らせる場合もあります。

ご相談は無料なので、ぜひ一度お問い合わせください。

電話やメール、事務所にお越しいただくか、出張相談も無料でおこなっております。

対象になるのはお金を借りているときだけですか

債務整理の対象になるのは、消費者金融、クレジットカード以外に住宅ローン、自動車ローン、ショッピングローン、携帯の料金も対象になります。

また貸金業者に利息を払いすぎている場合、過払い金請求をすることで借金がゼロ、また負担を減らせる場合があります。

過払い金請求において、実績豊富な司法書士法人杉山事務所にご相談ください。

過払い金において金融機関と交渉実績が豊富でノウハウがあるため、債務整理になった場合でも適切なアドバイス、また金融機関との交渉をさせていただきます。

一度自分で相談をして和解しました。しかし返済できなくて困っています。

一度ご自分で貸金業者と和解したあと、計画通りに返済ができなくなった場合でも、司法書士や弁護士に依頼することで再度任意整理することができます。

それだけでなく、司法書士や弁護士に依頼すると、過払い金を見つけたり、余分に利息をカットしたり、返済期間を伸ばせる可能性があります。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

司法書士に依頼するべき理由

任意整理を司法書士に依頼するメリットは、以下の点が挙げられます。

任意整理の相談ができる

借金を背負った場合、冷静な判断をするのが難しくなります。

特に差し押さえが迫っている場合は、個人で判断をするのは危険です。

債務整理にもいろいろな種類があり、また債務整理をするべきではない場合もあります。

そこで経験豊富な司法書士に相談をすることで、適切な判断をすることができます。

返済や催促を一時的に止められる

催促をされ続けていると、精神的にまいってしまう状況になります。

そこで司法書士に依頼をすると、いったん借金の返済や催促を止めることができ、冷静に判断をすることができます。

必要書類の作成を代行してもらえる

個人再生に限らず、債務整理には審査があります。

審査は書類が基準となるのですが、個人でそろえるのはむずかしい場合があります。

そこで司法書士に依頼することで、準備や代行をしてもらうことができます。

弁護士よりも費用が安くなる場合もある

すべての場合に該当するわけではありませんが、弁護士に依頼するよりも司法書士に依頼したほうが費用が安くなる場合があります。

過払い金が見つかる場合がある

司法書士に調査をしてもらうことで、過払い金が見つかる可能性があります。

過払い金が見つかると、返済額を下げられる場合があります。

任意整理のデメリットのご相談なら 借金問題に強い杉山事務所へ

任意整理のデメリットのご相談は何度でも0円

任意整理のデメリットを家族に知られずに相談可能 出張相談も無料
電話で無料相談する
メールで無料相談する

司法書士法人杉山事務所の4つの特徴

司法書士杉山事務所は過払い金相談で有名であり、以下のような特徴があります。

過払い金相談で実績があり、消費者金融や信販会社との豊富な実績があることから、債務整理においても実績があります。

司法書士杉山事務所に依頼するメリットとして、以下の点が挙げられます。

司法書士と必ず面談をしてから受任をします。

依頼者ご本人と面談をしたうえで、相談業務を進めます。

進捗の節目ごとに連絡をとりあい、その都度相談者の意思を確認致します。

担当司法書士が最後まで責任をもって対応致します。

杉山事務所の事務所一覧

事務所名 電話番号 対応エリア
大阪事務所 0120-066-018 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県
名古屋事務所 0120-068-027 愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県
広島事務所 0120-067-009 広島県、山口県、島根県、愛媛県
仙台事務所 0120-131-025 青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、新潟県
東京事務所 0120-065-039 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県
福岡事務所 0120-069-034 福岡県、佐賀県、大分県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県、沖縄県
岡山事務所 0120-070-146 岡山県、鳥取県、高知県、香川県、徳島県
札幌事務所 0120-067-009 北海道
グランド事務所 0120-066-018

過払い金請求、債務整理は無料相談をご利用ください。

司法書士法人杉山事務所
TOPページ 司法書士法人杉山事務所の過払い金請求、債務整理の手続き費用・料金 司法書士法人杉山事務所 事務所概要
司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所 TOP 司法書士法人杉山事務所の過払い金請求、債務整理の手続き費用・料金 司法書士法人杉山事務所 事務所概要

page top

page top